■  microSDとは



  SDカードを発端として次々に開発が進められていきました
  が、そこで生まれてきたのがmicroSDです。microSDとは
  SDカードを小さくしたminiSDをさらに小さくしたメディア
  です。これは2005年に発表されました。SDカードを小さく
  した規格であるminiSDもかなりサイズがダウンしていま
  したが、microSDはさらにサイズが小さくなっています。

  microSDのサイズは15×11×1.0(o)という小ささであり、
  重さも1gありません。実は、SDカードとその大きさを比べ
  てみると、実に1/4程度のサイズになっていることがわか
  ります。現在発表され、一般的に利用されているメディア
  の中では、世界最小、一番小さなサイズがmicroSDという
  ことになります。microSDは、最大容量は2GBです。

  容量がこれ以上大きくなるものは、また違ったメディア
  として発表されているので、容量が2GB以上あるときは、
  その内容、規格を確認してみましょう。このmicroSDも、
  SDカードとして使用することができます。使用するために
  は専用のアダプタを使いますが、これを装着させることで
  SDカードに対応している機器に利用することもできます。

  SDカードと規格で互換性がある、ということになります。
  その主な用途としては、やはり携帯電話を始めとする小さ
  な端末や機器に利用されています。とにかく小さなメディア
  ですが、容量はサイズほど小さなものでもないので、
  携帯電話でも十分に活用できます。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ 形状と特徴
  ★ マルチメディアカードとは
  ★ データ復旧には
  ★ USBメモリとの使い分け